割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

tool+作成記事で文字装飾などが崩れてしまう場合の対処法

先日、非常に有益な情報をいただきましたので、共有します。

「WordPressのバージョンアップを行ったらtool+の文字装飾が崩れて困っている」というお問い合わせをもらいました。

なお、function.phpに追記するコードは入力済みということでした。

関連記事

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

tool+で文字装飾が崩れる原因

文字装飾が崩れるのは、何回も味わっているのでだいたい原因は目星がついていました。

子テーマを使っていない

私はてっきり子テーマを使っておらず、親テーマのfunction.phpに直接コードを追記しているのかと思っていました。

子テーマを使う理由

親テーマに直接コードを追記すると、テーマのバージョンアップを行ったりする度に、データが上書き更新され、毎回コードを追記しないといけなくなります。

が、ちゃんと子テーマを使っているとのことでした。

と、なると別の原因は・・・・。

クラシックエディタを使っていない

ブロックエディタだと文字装飾が崩れます。

(tool+記事をhtmlコピーしてクラシックブロックを使えば不可能ではありませんが、現実的ではありません。)

まさかクラシックエディタを使っていないのかなと思い、確認してみると使っているとのことでした。

ビジュアルモードの表示

tool+で記事作成をしてWordPressに下書き投稿し、手動でカテゴリ選択して記事公開をするのが私のやり方です。

その際、ビジュアルモードにしているとなぜか文字装飾が崩れます。これは<p>タグのせいだと思います。

なので、常にhtmlモードにして、記事公開をします。

しかし、これもちゃんとしているようで、違いました。

最高の解決方法

と、いきなりお問い合わせ主さんより「解決しました!」とメッセージをいただきました。

なんと、「プラグインのクラシックエディタの入れ直し」を行ったそうです!!

これは盲点でした。

まさか、考えたこともありませんでした。

でもよく考えたら、そうですよね。問題がありそうなポイントのONOFFや入れ直しは基本です。

これは素晴らしいポイントに気づいてくれました!感謝です。

まとめ

今回は、私が助けられました。

問題が起きたら、それに関係するプラグインなどは入れ直す。

tool+作成記事の文字装飾が崩れたら、クラシックエディタを入れ直すというのもひとつの選択肢として、トラブル解決の幅が広がりました。

正直なところ、いろいろやり方を確認するより、プラグイン入れ直しが一番早いような気がします!

本当に有益な情報ありがとうございました!

割引特典あります→詳細はこちら