fbpx

割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

tool+の記事を崩さなくする追記コードはあなたの環境によっては不要??

WordPressでtool+を動かすためにお問い合わせがよくきますが、その中で気になることを書いている人がいました。

その方は、tool+で作成した記事がWordPressのブログに投稿できないといったお問い合わせでした。そのやり取りの中で気になることを書いています。

「function.phpに追記コードを記述しなくても文字装飾は崩れない、テーマはルクセリタス」と言うのです。

WordPressでtool+の記事を投稿するとなぜか文字装飾が途中から崩れます。
これを解決するためのコードをなんとか発見し、このサイトで公開しています。
以下のコードになります。→詳細記事はこちら

add_action('init’, function() {
remove_filter('the_title’, 'wptexturize’);
remove_filter('the_content’, 'wptexturize’);
remove_filter('the_excerpt’, 'wptexturize’);
remove_filter('the_title’, 'wpautop’);
remove_filter('the_content’, 'wpautop’);
remove_filter('the_excerpt’, 'wpautop’);
remove_filter('the_editor_content’, 'wp_richedit_pre’);
});
add_filter('tiny_mce_before_init’, function($init) {
$init['wpautop’] = false;
return $init;
});

もし、追記コードを記述しなくても文字装飾が崩れないなら、かなり快適にWordPressで記事投稿が行えます。

もしかしたらうまく対応するようになったのかもしれない、そう思い新しいテストブログで試してみました。

・・・、結論としては、私の環境ではダメでした。でも、このお問い合わせをしてくれた人みたいに追記コード無しでいける人もいるかもしれません。

今回はその一助になればと思い、念のためこのテストブログでの過程を記録に残しておきます。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

ルクセリタスのブロックエディタ状態(初期設定)でのtool+からの投稿

まずは、WordPressをインストールし、ルクセリタスにテーマ変更。

その状態でtool+下書き投稿を行ってみました。

tool+での記事プレビューはこんな感じです。

で、実際に表示されたのは!?

クラシックブロックに自動変換されてます。

はい、途中から文字装飾がなくなります。これではダメですね。

次にいきます。

ルクセリタスでプラグイン「Classic Editor」有効化でのtool+からの投稿

「Classic Editor」をダウンロードし、有効化します。

その後、tool+作成記事を下書き投稿!

これは、うまくいっています!!!

正直、成功した!と思っていたのです。

これで、追記コードはいらない、そう思っていました。

でも、ここでぬか喜びするわけにもいかないので、念のためテキストモードにしてみました。

そして、またビジュアルモードに戻すと・・・。

やっぱり・・・だめでした。

これはなぜかビジュアルモードのままで記事投稿を行ってもダメでした。

私の環境ではClassic Editorと追記コードは必須

結局、私の環境でtool+記事を投稿しようと思ったらClassic Editorと追記コードは必須でした。

どうも文字装飾が崩れる直前にpタグがあるのがダメみたいですね。

これをどうにか解消するために追記コードを見つけたわけなんですが笑。

同じように文字装飾が崩れる人は追記コードをfunction.phpに書きましょう。

詳しくは以下の記事に書いています。

今回のお問い合わせをしてくれた人みたいに、もしかしたら追記コード不要で運用できる人もいるかもしれません。

そのあたりは自分の環境にあわせて運用してください。

また何か変わった現象、わからないことがあればいつでもお問い合わせよりお気軽にメッセージください。

割引特典あります→詳細はこちら