割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

XML-RPC fault エラーが出てtool+の記事投稿ができない場合の対処法

XML-RPC fault(5): Didn’t receive 200 OK from remote serverというエラーを見たことがありますか?

tool+でこのエラーが出たときの対処法を載せておきます。

なお、このエラーはエックスサーバーのWordPressで発生します。mixhostに設置しているWordPressでは発生しません。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

XML-RPCとは?

そもそもXML-RPCとは何なのか?ということですが、これはWordPress外のアプリケーション(ここではtool+)がWordPressとやり取りできるためのシステムです。

WordPressと外部のシステムを連携するためのもの、私はそんなイメージで認識しています。

しかしこのシステムはWordPressが外部から不正アクセスされるという危険性があり、そのためエックスサーバーでは独自に制限をかけています。

つまり、このエラーはエックスサーバーがWordPressが外部から侵害されないようにするための「安全装置」として機能しているわけです。

そう考えたとき、さすがはエックスサーバー・・・しっかりしています。(mixhostは・・・うーんすみません笑)

なので、この安全装置を外せば問題なくtool+で記事投稿ができるようになります。

エックスサーバーのセキュリティ設定を変更するだけ

このエラーを出なくするには、エックスサーバーのセキュリティ設定を変更するだけで大丈夫です。

サーバーパネルから「WordPressセキュリティ設定」へ進みます。

自分のサイトドメインへ進みます。

「国外IPアクセス制限設定」に「XML-WPC API アクセス制限」があるので、これをOFFにして「設定」を押します。

これでXML-RPC faultエラーは出なくなります。

しかし、これは安全装置です。それをOFFにするということは、不正アクセスの危険性が増加してしまうので、「Disable XML-RPC Pingback」というプラグインを導入しないといけません。

これは絶対必須なので必ず導入してください。

「Disable XML-RPC Pingback」の導入方法

WordPressメニューのプラグインから「新規追加」を選択、検索窓に「Disable XML-RPC Pingback」と打ち込みましょう。

すると「Disable XML-RPC Pingback」が出てくるので、「今すぐインストール」です。

これがないと不正アクセスをされてしまうかもしれませんので、必ず導入してください。

以上になります。

あなたのtool+ライフの参考になればと思います。

割引特典あります→詳細はこちら