割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

すぐに行動しないデメリットについて

何かに挑戦するとき行動力って非常に重要な要素です。

思い立ったらすぐに行動できるか否かでその後の人生は大きく変わります。

一般的に思い立ったら行動できる人の割合は1%で、さらにそれを継続できる人は0.01%と言われています。

つまり、成功の鍵はその希少性、行動力にあるのです。

なので、すぐに行動しないとチャンスを逃がしたり、行動していたら得ていたであろう利益が得られないというデメリットが存在します。

今回はすぐに行動しないデメリットをいくつか紹介します。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

人生の残り時間が減る

人生の残り時間は有限です。

どうするか迷っていたり、不安がっていても、人生の残り時間を無駄に消費しているだけです。

あなたは時間の感覚をどのように感じますか?

若いときは無限にあると感じていませんでしたか?

私は現在30代後半に入りましたが、ものすごく時間が早く経過しています。

1年なんてあっという間です。

歳を重ねるごとに時間の経過は早く感じてきています。

気がつけば1週間、1ヵ月、1年と経っています。

時間を無駄にしないためにも、まずはひとつずつ行動してみましょう。

いずれ同じ選択肢を迫られる

大事な選択や行動を「あとでやろう、明日やろう」と思い先延ばしにすると、その日は永遠にきません。

忘れたころにまた同じ選択を迫られます。

そのような経験、ありませんか?

私はけっこうあります。笑

どうしても面倒だったりすると後回しにしがちです。

それで後回しにした結果、結局ギリギリになって選択を迫られてをしたりと・・・良いことはありません。

これってけっこう癖の部分が大きいと思うので、なるべくすぐに行動する癖をつけておくのが得策かなと思います。

まぁ、それが難しいのですが。

私もまだまだ修行が足りません。笑

自分が成長する機会を逃す

行動をしないデメリットで一番大きいのが「成長する機会を逃す」ことです。

行動しないことには成功も失敗もありません。

成功や失敗をするからこそ次に活かせるのですが、何もしなければ、ただ日々が過ぎていくだけです。

成長はありません。

もし行動できる環境があるなら、すぐに行動する癖をつけて、成功失敗を体験していきましょう。

それこそが人生の糧になります!

明日やろうは馬鹿やろうです!

自分に後悔する

そして、最後に待っているのは後悔です。

「あのときやっておけば良かった。」

ほぼ間違いなくこのような状況になります。

あれもやりたいこれもやってみたい、でも時間がない。

そうなったらそうなったで限界まで挑戦してみるのもアリかなと思います。

ギリギリまでやってみて、何が見えてくるか試してみるのも大事です。

限界まで挑戦すれば何も行動していない人には見えない景色が必ず見えます。

これは私も経験しているので間違いないです。

そこから次に活かしましょう!

「やらぬ後悔よりやる後悔」です!

割引特典あります→詳細はこちら

考え方

Posted by 月見