fbpx

割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

Multi Feed Readerを使って相互RSSを設置する方法

無料プラグイン「Multi Feed Reader」を使って、他のサイトの新着情報を取得することができます。

livedoor相互RSSだと広告が入り邪魔です。「Multi Feed Reader」を使うことにより、シンプルな相互RSSの設置を行うことができます。

今回は「Multi Feed Reader」を使って相互RSSの設置方法を実験ブログの「月見ちゃんねる」で解説します。

「Multi Feed Reader」の使い方は下記のページにも書いていますが、今回は月見ちゃんねるを使って、より具体的に書きます。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

対象サイトのRSSURLをコピーする

今回は2chnaviのRSSを取得するようにします。

2chnaviのRSSURLを確認しましょう。2chnaviのRSSURLは

http://2chnavi.net/headline/?rss=1

です。

Multi Feed Readerの使い方

まずは「Multi Feed Reader」を検索し、ダウンロードして有効化してください。

最終更新が2年前なのがセキュリティ的に少し不安です。

有効化できたら、Multi Feed Readerの設定に入ります。

RSSグループ名の設定

最初にRSSグループ名を決めないといけません。これはショートコードで使用するため、英数字で書きましょう。

ここはわかりやすいように自分の好きなように名前を決定しましょう。

トップページや記事上の方に設置する予定なので、topという名前にしました。

決めたら、Add New Feedcollectionを押して、Edit Feedcollectionに移動します。

Feedsの入力

FeedsにはRSSURLを入力します。

先ほどの2chnaviのRSSURLをコピペします。

2chnavi以外にもRSSを追加したい場合はAdd Feedを押します。

すると下にRSSURLを入力するフォームが追加されます。追加で登録したいサイトがある場合はこちらに入力してください。

Before Templateの入力

Before Templateは空欄にします。これが相互RSSを設置したときに一番わかりやすく、スッキリしています。

Body Templateの入力

これもわかりやすく一番スッキリした形にしたいなら以下のコードをそのままコピペで使用してください。

<tr class=”podcast_archive_element”>
<td class=”title” style=”vertical-align:top”>
<a href=”%LINK%” target=”_blank”>%TITLE%</a><br/>
</td>
</tr>

After Templateの入力

After Templateも不要なため空欄にします。

ここまでできたら下の「変更を保存」を押します。

ショートコードをコピペして完成

さきほどのedit画面右側(PC)にUsageという項目があり、ショートコードがコピペできます。

下の段にあるコードをコピーしましょう。

[multi-feed-reader template="top" limit="5″]

グループ名とlimit="取得記事数"が記載されたショートコードを使います。

このショートコードをウィジェットに貼り付けます。

今回はトップページ記事一覧上にテキストウィジェットで貼り付けます。

ちょっと卑猥な内容が多いため公開はやめておきます笑

これで反映されました。

まとめ

Multi Feed Readerを使用することにより、シンプルな相互RSSの設置が可能です。

ウィジェットのどこにでも使えるため汎用性は高いです。

ただ、アイキャッチ画像の取得方法がイマイチうまくいかないため、これはもう少し調べてみます。画像があるかないかは記事のクリック率に影響するため、アクセスの移動を頻繁に行うなら、なるべく画像は表示されたほうが良いと考えています。

とりあえず今回はシンプルな相互RSSを作ってみました。

あなたの参考になればと思います。

割引特典あります→詳細はこちら