fbpx

割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

他サイトのRSS配信を取得するプラグイン「Multi Feed Reader」の使い方

まとめサイトにおいて他サイトのRSS配信の取得は必須事項です。
相互RSSをスムーズに行うため、必ず導入しましょう。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

Multi Feed Readerの特徴

Multi Feed Readerは、RSSのグループを作ることが可能なので、グループ1にはサイトAとサイトBのRSSを取得したり、グループ2にサイトAとサイトCのRSSを取得するといったことが可能です。
これにより、グループ別でRSSを好きな箇所に配置できます

ただ、このプラグインを使ってアイキャッチ取得のやり方がわからないので、そこはご了承ください。

それでは解説します。

RSSURLの確認

まずはRSSURLがわからないと話にならないので、以下のサイトからRSSURLを確認します。

Multi Feed Readerのダウンロード、有効化

プラグインから新規追加を選択します。

そして、「Multi Feed Reader」で検索します。

今すぐインストールを押して有効化します。

Multi Feed Readerの設定方法について

Multi Feed Readerの有効化ができたら、設定からMulti Feed Readerを選択して、RSSの設定をしていきます。

グループを作る(Add Feedcollectionについて)

RSSを配信するグループを作ります。
Add Feedcollectionを押して、グループ名(できれば英字)を入力し、Add New Feedcollectionを押します。

グループの編集(Feedcollectionの設定)

ここからがMulti Feed Readerのメイン設定になります。

Feeds

FeedsにRSSURLを入力します。

Add Feedを押すことによって追加でRSSURLを入力できます。
こんな感じになります。

このグループに入れたいRSSURLを追加していきます。

Template Name

Template Nameはこのグループ名のことです。
Add Feedcollectionで入力した名前になっているので、変更したい場合はこちらから再入力します。

Before Template

シンプルにするなら空欄にしましょう。

Body Template

シンプルにするなら以下の文字列を入力します。

<tr class="podcast_archive_element">
<td class="title" style="vertical-align:top">
<a href="%LINK%" target="_blank">%TITLE%</a><br/>
</td>
</tr>

After Template

空欄にしましょう。

結果としてこんな感じになります。

Body Templateだけ入力

これで右下の保存を押してグループ作成は完了です。

Multi Feed Readerの設置

これでRSS配信ができるので、あとは好きな箇所に貼り付けます。
これはショートコードを使います。

右側に表示されているので確認しましょう。

[multi-feed-reader template="test"]
[multi-feed-reader template="test" limit="5″]

このように2つ確認できます。

[multi-feed-reader template="test"]が基本の形になります。

[multi-feed-reader template="test" limit="5″]
オプションでlimit="5″となっていますが、これはRSSを各サイトから5記事取得するという意味です。
各サイトからなので多くなりすぎないよう気をつけてください。

あとはこれを好きなウィジェットや記事に貼り付けるだけになります。

必ず動作確認を行いましょう。

ウィジェットにショートコードを反映させるコード

テーマによってはウィジェットにショートコードが使用できるものとできないものがあります。
以下のコードをfunction.phpに追記することで、ウィジェットにもショートコードを使用できるようになります。

add_filter('widget_text’, 'do_shortcode’ );

割引特典あります→詳細はこちら