割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

WP Multibyte Patchを導入してユーザビリティ向上を目指そう

WordPressのプラグイン「WP Multibyte Patch」を知っていますか?

エックスサーバーでWordPressをインストールすると最初から入っているプラグインです。

WP Multibyte Patchは一見意味不明なプラグインですが、日本語でWordPressを運営するなら導入は必須です。

しかし「WP Multibyte Patch」をよく知らないままだと即削除したり、有効化するのに抵抗がありますよね。

そこで今回は「WP Multibyte Patch」の概要や、「WP Multibyte Patch」をWordPressに導入すべき理由について解説します。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

WP Multibyte Patchとは

「WP Multibyte Patch」とは、日本語でブログを運営する上で欠かせないWordPressのプラグインです。

主な機能としては、日本語のWordPressサイトにおけるバグの修正が挙げられます。

このほかにも、日本語パッチで翻訳されている「日本語版WordPress」を利用する上で、日本語環境を強化してくれるといった特徴があります。

WP Multibyte Patchを導入すべき3つの理由

「WP Multibyte Patch」をWordPressに導入すべき理由を紹介します。

日本語特有のトラブル防止

WordPressに掲載する画像は、日本語ファイル名のままサーバーにアップデートしてしまうとトラブルの原因になってしまいます。

このような日本語特有のトラブルを予防するには、画像のファイル名を半角英数字に変更することが必須です。

「WP Multibyte Patch」を導入すれば、日本語ファイル名を自動で英数字に変更できるため「記事の画像が表示されない」などのトラブルを未然に防げます。

サイト内検索時におけるユーザーの利便性向上

「WP Multibyte Patch」を導入すれば、サイト内検索でユーザーが入力した「全角スペース」を区切り文字として認識できるようになります。

一方「WP Multibyte Patch」が導入されていない場合には、全角スペースが文字として認識され、正しく検索出来ないことがあります。

これは、ユーザーの離脱率向上の要因にもなりかねません。

文章の文字化け対策

「WP Multibyte Patch」導入により、文章の文字化け対策も可能です。

記事を読んでいる途中で文字化けがあると、それ以降の記事を読み続ける気がなくなってしまいます。

どんなに良質な記事を投稿しても、文字化け一つで全てが無駄になってしまうため、ブログ運営において文字化け対策は必要不可欠と言えるでしょう。

まとめ

今回は「WP Multibyte Patch」の概要や、WordPressに導入すべき理由について解説しました。

「WP Multibyte Patch」は、日本語でブログを運営する上で欠かせないWordPressのプラグイン。

日本語のブログサイトを運営する上では「WP Multibyte Patch」の導入は欠かせません。

今までWordPressをインストールしてすぐに削除していませんでしたか?

読者の滞在率向上にもつながるため「WP Multibyte Patch」は必ず有効化しましょう!!

わからないことがあればお気軽にお問い合わせよりメッセージください。

割引特典あります→詳細はこちら