割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

WordPress簡単導入手順

2016年8月28日

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

おすすめレンタルサーバー

WordPressを導入するにあたり、必要になってくるのがレンタルサーバーです。

サーバーを借りて自分でFTPソフトを使用しWordPressをアップロードするのが基本的な流れになりますが、レンタルサーバーによっては自動でWordPressをインストールしてくれるサービスもあるため当サイトでは簡単にインストールできるレンタルサーバーを紹介します。

数あるレンタルサーバーで一番オススメなのがエックスサーバーです。


エックスサーバーであればWordPress自動インストール機能があり、月額1000円、転送量も50GB/日、マルチドメイン取得無限、独自ドメイン取得(デフォルトでWHOis情報も代行済み)、PHPバージョンも7に変更可能(WordPressの表示が高速化)と文句無しです。

自己アフィリエイトからも申し込めるので、初期費用の負担を減らせます。
エックスサーバーの自己アフィリエイト方法

レンタルサーバー(エックスサーバー)申し込み

下のバナーからお試し申し込みを選択してください。

エックスサーバー申し込み画面
10日間のお試し申し込みをクリック
新規申し込みをクリック
新規申し込みをクリック
サーバーID(ドメイン)を入力
サーバーID(ドメイン)を入力
利用規約には同意を押しましょう
利用規約に同意しましょう。
申し込み確認
お申し込みをクリックしましょう。

その後、エックスサーバーで使用するインフォパネルとサーバーパネルの2つのIDとパスワードがメールで届くはです。

インフォパネルは、お客様のご登録情報の確認・変更、ご利用期限の確認、料金のお支払い等を行うための管理パネルです。

サーバーパネルは、サーバーの各種設定(メールアカウントの発行・ドメインの設定など)を行うための管理パネルです。

まずはそれぞれのアカウントのパスワードを変更しましょう。

インフォパネル - パスワード変更
インフォパネル – パスワード変更
サーバーパネル - パスワード変更
サーバーパネル – パスワード変更

WordPress(ワードプレス)簡単導入手順

まずは試しにWordPressをインストールしてみましょう。
サーバーパネルにログインします。

WordPress簡単インストールを行います。

WordPress簡単インストールを選択

ドメイン名は初期の「自分のID.xsrv.jp」を選択しましょう。

プログラムのインストールを選択
プログラムのインストールを選択
Wordpress日本語版をインストール
WordPress日本語版をインストール
Wordpress初期設定 - 赤丸は空欄でOKです。
WordPress初期設定 – 赤丸は空欄でOKです。
自動でデータベースを生成するにチェック。
自動でデータベースを生成するにチェックを入れてインストール(確認)を押します。
Wordpressインストール確認画面
WordPressインストール確認画面、index.htmlは削除でOKです。

これでインストール完了です。

数時間後(すぐには使えない)、WordPressにログインできますので、自動インストール画面からドメイン選択するとダッシュボードという項目があるので、それを押したらログインできます。

自動インストールの項目からダッシュボードへリンクがあります。
自動インストールの項目からダッシュボードへリンクがあります。

ダッシュボード画面はこんな感じです。

ダッシュボード画面
ダッシュボード画面です。後はここから全てやり取りするだけなのでブックマーク登録しましょう。

投稿や固定ページなどいろいろ触って試して使い方を覚えましょう。

実際に自分で使用して試すのが、一番早く使いこなせるコツです。

PHP Ver.7へ切替を行いましょう

WordPress導入ができたら、サーバーパネルにログインし、PHPVer.7へ切替を行いましょう。

これをすることによってWordPress動作速度・安定性が向上します。

必ず行いましょう。

説明にも書いてある通り必ずPHPVer.7へ切替をしましょう。
説明にも書いてある通り必ずPHPVer.7へ切替をしましょう。

もし今後tool+(ツールプラス)の導入を考えているのであれば

今後、WordPressでtool+を使用したいのであればまず記事などを投稿する前に絶対やっておかなければならないことがあります。

これをせず先に記事投稿をすると後々大変な目にあいます。

WordPressでtool+(ツールプラス)を使用するためにまずやること

tool+の資料請求はこちら。割引特典あります→詳細はこちら

そして使い方に慣れてきて、本格的にWordPressで運用するには独自ドメインを取得しましょう。

サーバー料金を払っていない人は、インフォパネルから料金お支払いをしましょう!

お試し期間を過ぎるとデータが全て削除されます!

独自ドメイン取得

独自ドメインは使用料がかかります、.comや.netで年間1500円くらいです。本気でブログやサイト運営をするなら独自ドメインを取得しましょう。独自ドメインであれば自分でドメイン廃止をしない限りずっと使えます。

エックスサーバーより良いレンタルサーバーを見つけても移動できます。

まず、インフォパネルにログインします。

追加のお申し込みをクリック(サーバー料金を払っていない人はまず料金のお支払いからしましょう。)
追加のお申し込みをクリック(もしサーバー料金を払っていなければ先に決済関連の「料金のお支払い」からしましょう。)
新規取得をクリック
新規取得をクリック
お好きなドメインを検索しましょう。誰も使っていなければ使用できます。
お好きなドメインを検索しましょう。誰も使っていなければ使用できます。
独自ドメインが使用できれば検索結果に申し込み可能と表示されます。いろいろ検索してみましょう。あとは、申し込み画面を進めるだけです。
独自ドメインが使用できれば検索結果に申し込み可能と表示されます。いろいろ検索してみましょう。あとは、申し込み画面を進めるだけです。

独自ドメインの料金支払いが済んだら、サーバーパネルにログインして、ドメインを使えるようにしましょう。

ドメイン設定→ドメイン追加
ドメイン設定→ドメイン追加設定

先ほど、追加したドメインを書きこんでドメイン追加(確認)ボタンを押しましょう。

ドメイン追加(確定)でドメインがサーバーに追加されます。
ドメイン追加(確定)でドメインがサーバーに追加されます。

これで、自動インストールの項目に独自ドメインが選択できるようになるので、そこからWordPressをインストールしてください。
◆自動インストールの項目へジャンプ

割引特典あります→詳細はこちら