割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

WordPressテーマを変更する方法【ルクセリタス】

2020年5月20日

WordPressインストール後、まず最初にすることはWordPressテーマの変更です。

今回お問い合わせがあり急遽書いています。こんな大事なことを書いていませんでした。tool+をWordPress運用しようとして追記コードをfunction.phpに書くのであれば、テーマの変更をしてから追記してください。

WordPressテーマのオススメはルクセリタスコクーンです。当サイトはルクセリタスでの説明を多々しているので、とりあえず今回はルクセリタスでの方法を書いておきます。

最近になってわかったのが、コクーンもかなり良いです。どちらにせよやることは同じです。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

本体と子テーマとアップデート用テーマをダウンロード

まずは、本体と子テーマとダウンロードします。

本体と子テーマのダウンロードはこちらのページから可能です。

そして、ルクセリタスはもうひとつアップデート用のテーマをダウンロードします。

ダウンロードできたら次に自分のWordPressにアップロードします。

本体と子テーマとアップデート用テーマをアップロード

次にダウンロードしたファイルをアップデートします。

WordPressのメニューから「外観」→「テーマ」→「新規追加」へと進みます。

「テーマのアップロード」を押します。

「ファイルを選択」を押します。

まずはルクセリタス本体からアップロードします。選択できたら「今すぐインストール」を押します。本体は有効化しません。

そのまま同じ流れで、子テーマアップデート用のテーマをアップデートします。

そして、子テーマを有効化します。

これで準備は整いました。

子テーマを有効化する理由

テーマはバージョンアップを繰り返します。バージョンアップは本体のみがされていきます。そしてバージョンアップするたびにfunction.phpなどに追記した文字列は消えてしまうのです。子テーマを有効化することによって、本体のバージョンアップがされても子テーマのfunction.phpの変更点がそのままの状態で保たれます。なので子テーマを有効化して変更は全て子テーマで行います。

ルクセリタスのバージョンアップ

ルクセリタスはちょこちょこ本体がバージョンアップします。その際は、アップデート用テーマを有効化したあとに、バージョンアップした本体をアップロードします。そうすることで自動的にまた子テーマに戻っています。便利な仕組みになっています。

【tool+用】子テーマのfunction.phpに追記コードを記述する

WordPressメニューに「Luxeritas」というメニューがあるので、そこに「子テーマの編集」があります。

function.phpの一番下のところに追記コードをコピペします。

add_action('init', function() {
 remove_filter('the_title', 'wptexturize');
 remove_filter('the_content', 'wptexturize');
 remove_filter('the_excerpt', 'wptexturize');
 remove_filter('the_title', 'wpautop');
 remove_filter('the_content', 'wpautop');
 remove_filter('the_excerpt', 'wpautop');
 remove_filter('the_editor_content', 'wp_richedit_pre');
});
 
add_filter('tiny_mce_before_init', function($init) {
 $init['wpautop'] = false;
 return $init;
});

わからないことがあればいつでもご連絡お待ちしております!

割引特典あります→詳細はこちら