割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

今より2時間早く寝て朝型生活にシフト!健康的な作業効率で挫折を防ぐコツ

「本業が忙しくて作業する時間を確保できない」と悩んでいませんか?

「今夜こそは帰ってきたら作業する」と決意しても、急な残業で何もできないこともあります。

このような忙しい毎日の中で作業する時間を確保するには、今より2時間早く寝ることだけを意識しましょう。

今回は「今より2時間早く寝ることで作業時間が確保できる理由」について紹介します。

朝型生活にシフトすれば、健康的な生活が送れるだけでなく副業に挫折することも防げるのでオススメです。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

今より2時間早く寝ることで作業時間が確保できる4つの理由

なぜ今より2時間早く寝ることが作業時間の確保につながるのでしょうか。

作業時間を確保できる4つの理由を見ていきましょう。

朝型生活にシフトして作業時間を確保できる

今より2時間早く寝ることで、作業する時間をこれまでの夜型から朝型にシフトできます。

たとえば、これまで0時に就寝して7時に起床していたのなら、22時に就寝して5時に起床するイメージです。

作業する時間を夜型から朝型にシフトすることで、急な残業や飲み会といった突発的な予定が入ったとしても、作業ができなかった言い訳を「残業・飲み会があったから」とはできなくなります。

朝型生活にシフトすることで急用で作業ができなくなることはありません。

完全に自己責任になり「作業をする・しない」を決めるのは自分次第となります。

習慣化できる

今より2時間早く寝ることで早寝早起きを習慣化できれば、それに伴って朝に作業することを習慣化できます。

日々の作業を継続するためには、習慣化が一番の近道です。

今より2時間早く寝て朝型生活に切り替え、挫折することを防ぎましょう!

作業効率が上がる

夜型生活に比べて朝型生活の方が、高い集中力を保てるため作業効率が上がります。

これは朝日を浴びることにより、脳内でセロトニンが分泌されることが理由とされています。

実際やってみたらわかりますが、睡魔が襲ってこないため、本当に捗ります。

毎朝出社前に作業をする時間を設けることで、作業時間の効率につながるだけでなく、本業にもポジティブな気持ちで取りかかれるようになります!

体調を崩しにくい

なんと言っても健康に必須な睡眠時間。

これまでの睡眠時間を確保しつつ、早寝早起きの規則正しい生活が送れるため、体調を崩しにくくなります。

体調を崩すことは、作業する時間のロスにつながります。

十分な睡眠と規則正しい生活で健康な身体を維持することが、最高の作業効率を生み出すでしょう。

まとめ

今回は、今より2時間早く寝ることで作業時間が確保できる理由について解説しました。

副業をしたいけど作業をする時間がないと悩んでいるのなら、今より2時間早く寝て作業する時間を夜型から朝型にシフトしましょう。

朝型生活にシフトすることで、作業時間を確保できるだけでなく高い集中力で効率的に作業ができます。

健康的に作業を続けるためにも、まずは今より2時間早く寝ることを実践してみることをオススメします!

割引特典あります→詳細はこちら