割引特典あります→詳細はこちら

【朗報】なんとtool +がWordPress対応になり、ワンタッチ投稿できるようになりました!(3/10)

GoogleAdSense(アドセンス)に通過するために抑えるべき3つのポイント

2019年4月10日

私がGoogleAdSense(アドセンス)に通過したときに比べて、現在は審査基準がいろいろと変化したようです。

かつての方法ではGoogleAdSenseに通過しない可能性が高いので、GoogleAdSense(アドセンス)に通過するために抑えるべきポイントの最新版を書いておきます。

下記のページに書いてある、「Googleアドセンスに100%通過する方法」では通過しない可能性があるので注意してください。

スポンサーリンク


当サイト限定割引特典あります→詳細はこちら

GoogleAdSense(アドセンス)申請用サイトに絶対必要なページ

GoogleAdSense(アドセンス)申請用サイトに設置すべき必要なページが存在します。必ず設置しましょう。

お問い合わせページ

まずは、「お問い合わせページ」です。

これはプラグインの「Contact Form 7」で簡単に作ることができるのですぐに設置しましょう。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーも必要です。

何を書けば良いかわからなければ、「プライバシーポリシー 雛形」などで検索すればたくさん出てきますので、コピペ可能なサイトから引っ張ってきましょう。

「お問い合わせページ」と「プライバシーポリシー」の2つは必ず設置しましょう。これが無いと審査に受からないことがわかっています。

記事数や記事の内容

あとは、記事数や記事の内容ですが、これが審査を受けたサイトによって様々です。

ただ、前は記事数が30とか必要でしたが、現在は5記事で審査通過した人もいるので、記事数より記事の内容が重要になってくると考えられます。

でもこれも答えは決まっていて、Googleに好かれる記事を書けば良いのです。

Googleに好かれる記事とは?

簡単に言うと、「完全オリジナル記事」「読者にとってメリットがある」記事です。

Google検索した人の悩みが解決できる記事を書けば良いのです。

具体的に何を書けば良いかわからなければ、記事をクラウドソーシング(ココナラなど)でライターさんに書いてもらうのが早いです。

リクエストボードに「お悩み解決記事(Googleアドセンス審査用)2000文字程度募集」とでも書いておけば、5記事くらいならすぐに手に入れることができます。

まとめ

ポイントとしては、「お問い合わせページを作る」「プライバシーポリシーを作る」「Googleに好かれる記事を投稿」で間違いないです。

この3つに気をつければ問題なくGoogleAdSense(アドセンス)に合格できます。

特に重要なのは、「Googleに好かれる記事」なのでここには1番力を注ぎましょう。

割引特典あります→詳細はこちら